更年期障害」カテゴリーアーカイブ

更年期障害は女性特有のもの?

更年期障害は女性特有のものなのでしょうか。一般的に、更年期障害は女性特有のものと言われていますが、実はそうではありません。男性にも更年期障害はあります。更年期というと中年女性に見られる現象で、月経がなくなる期間を更年期と呼んでいます。更年期に入ると卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌が減少するので、頭痛やめまい、動悸、腰痛などの諸症状に悩まされます。更年期障害は、女性特有のものではなく、男性にもあり、様々な症状が出てきます。女性と比較すると男性の場合、はっきりと示す兆候はないのですが、視力の低下や腰痛、頭痛などの諸症状が現れます。男性の更年期障害は、男性ホルモンの分泌量が低下することで起きます。テストステロンという男性ホルモンは、25歳をピークにして減少していきます。男性ホルモンの分泌量が減少すると、セックスの持続力と勃起力が低下します。性欲が衰えるということは、男として枯れてしまうことを意味しています。男性の更年期障害は、40歳で現れる人、50歳を超えてから現れる人など様々です。個人差があるのは、個人の資質や生活環境、メンタル面が大きく影響しています。

 

 

タグ