体の内側からシミをなくすためには何を食べれば良い?

シミを薄くしたい、なくしたいと思っているのであれば、お肌の代謝が活発になるような食材が有効です。シミや色素沈着を予防するためには、ビタミンA・D・E・Fをしっかり摂取するのが有効です。パプリカやニンジン、カボチャ、ニラなどの色の濃い野菜や牛乳、卵、レバーなどにも豊富に含まれています。出来てしまったシミを薄くしたいのであれば、ビタミンCが欠かせません。さつまいも、レンコン、キャベツ、いちご、柑橘類などを豊富に摂取しましょう。ビタミンCは水溶性ビタミンなので、体の中に蓄積することができずすぐに排出されていまいます。
その為、摂り過ぎの心配はほとんどありませんが、毎食から摂取する必要があります。口内炎や肌荒れが起こりやすいという方はビタミンBが不足している可能性が高く、シミにも悪影響です。ビタミンB群には、ビタミンB1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸の8種類ものビタミンがあります。レバー、赤身肉、魚、納豆、大豆、ビール酵母、牛乳、緑黄色野菜、アボカド、玄米などに多く含まれています。シミを改善したり予防するために必要な多くのビタミンやミネラルを有効摂取するには、栄養の偏りなくまんべんなく栄養を摂取する必要があります。なかなか豊富な栄養を摂取しきれないという方は、豊富なビタミンやミネラルが摂取できるビール酵母由来のサプリメントもオススメです。

産後の宅配食

タグ